« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月19日 (水)

突然ですが・・・

1371637197958.jpg

突然ですが、片山家・・・・

帰国することになりました!!!!
突然の帰国命令がでてからまだ2週間もたってない中、バタバタと月曜日、火曜日で船便の1回目を出し終えたところです。


出国予定日は7月13日、日本帰国予定は15日になると思います。


日本に帰れることはもちろん嬉しいけど、あまりにも突然すぎて心の整理がうまくできていません。。。。

とりあえず、報告まで。またゆっくりブログに書いていこうと思います。
ちなみに帰国後3月末まではマンション近くのアパートで生活する予定です。マンションの皆さんには荷物が届くまであれ貸してこれ貸してとご迷惑をおかけするかと・・・
どうぞよろしくねhappy01


ブラジルから買ってきて欲しいものがあれば連絡ちょうだいね!可能な限り買って行きます!!サッカーユニフォームとかスタバのマグカップとかいろいろ。。。。

2013年6月18日 (火)

Copa das Confederações Itália contra México

16日の日曜日、今年は父の日と私の誕生日が重なる日でした。
この日、半年以上前からチケットを取っていたコンフェデ杯のためにリオデジャネイロまで日帰りで行ってきましたairplane

チケットをとったのはまだ組み合わせ抽選も始まっていない去年のこと。
その時申し込みをしたFIFAのサイトでは5月にチケット受け取りのメールが届くってことになってたんだけど、直前になって大問題が発生down
チケットはコンフェデ杯開催都市のいずれかでしか受け取れない、しかも当日受け取りは不可!!!!!


コンフェデ杯はサンパウロでは開催されないため、我が家は一番近いリオまでチケットを取りにいかなきゃいけないことにweep
車で行こうかとも考えたけど、片道5時間以上かかるし、道を間違えるとすぐに危険地帯に入ってしまうリオに車で行くのはあまりにも危険。。。
結局3日前の木曜に旦那さんが一人で飛行機でチケットを受け取りに行きました。
かかった飛行機代500レアル(20000円ちょい)、そして受け取りは空港内のチケットセンターなので空港から出ることもなく・・・

1371575553833.jpg
無事チケットは手に入ったけど、ずいぶん高くついてしまいました。。。せっかくブラジルにいるんだからと、周りにもチケットを買っていた人たちが結構いて、みんなバタバタ大慌て。。
あり得ないでしょ、このシステム。。来年のW杯でもこのやり方なのかしら。。。W杯はサンパウロでも開催されるからまだましだけど、1番いいのは自分でチケットを取るのではなく、旅行会社に任せることかもね。


そんな大変な思いもしながら、当日はお昼前にリオ入り。
去年リオ旅行をした時にお世話になった日本人ガイドさんの話だと、スタジアム周辺は車が近づけないようになっていて、渋滞もひどい。スタジアム内の飲食も激高なので先に食事を済ませてからスタジアムに向かった方がいいよとのこと。
今回は息子さんが空港まで迎えにきてくれてアテンドしてくれました。


お昼にシュハスコを食べた後、早速スタジアムへ。

1371575560899.jpg
まだまだ早い時間だったので道も混んでなかったけど、途中でこうやって道を封鎖してました。私たちも近くの駐車場で車から降りて、そこからは徒歩で向かいました。

1371575566803.jpg

1371575573535.jpg
スタジアム前にはたくさんの人!!メキシカンハットの人たちが目立ってました。近いからかな、メキシコサポーターの方が多い感じ。

1371575583417.jpg

1371575592050.jpg
改修されたばかりのマラカナンはとっても綺麗shine前にきた時はまだ工事中だったんだよね。。
スタジアムからはクリストヘデントールもバッチリ見えました!!


荷物検査も厳しくて、空港と同じで手荷物のX線検査と人の検査もありました。私はブーツが引っかかって脱がされたりしたけど無事通過。
全身金属探知機で調べられる母を子供達は心配そうに見てたよsweat02

1371575599145.jpg
大きな手のお姉さんがたくさん配置されていて、案内してくれます。英語が話せる人もたくさん配置されていたよhappy01


1371575607767.jpg

1371575618616.jpg

1371575628767.jpg
そして見えた!!!!これがマラカナンだーshine
改修前は15万人ほど収容できたみたいだけど、全て椅子席になって収容人数は半分ほどになったみたい。でも大きくてとっても綺麗でもう大興奮shine

この時点でお昼の2:00すぎ。試合は4:00からなのでここで2時間待ちです。。

1371575640339.jpg

1371575650412.jpg
メキシコ人記者さんと仲良くなって遊んでもらってる結太。たくさん写真を撮られていたから、もしかしたらメキシコの新聞に載っちゃったかしら?!?!


1371575660177.jpg
智稀と遥翔はいろんな人たちのところに行って、「メキシコとイタリア、どっちの応援するの??」とアンケート開始。
3人とももうすっかり度胸がついていて、外国人に対して全くひくこともなくガンガン話しかけてます。。。すごいcoldsweats01


1371575667568.jpg

1371575675191.jpg
いろんなかっこのひとたちがいっぱい。メキシカンスタイルの人は本当に多かったよー。そしてバロッテリといえばということでマリオとルイージもねhappy01
イタリアサポーターにはおしゃれさんが多いのはさすがだなーという感じ。
こんな感じで遊んだり人間観察したりしてたから結構時間がたつのも早くて、気づいたら選手たちがピッチで練習開始soccer

1371575685259.jpg
そして選手入場の時間がくる頃にはスタジアムはすごい人!!代表の試合はやっぱりすごい!!
この日は7万5000人ほどいたみたいshine


1371575696877.jpg
やっとキックオフ・・・ってところで結太、まさかの爆睡sleepy
試合前に遊びすぎたようですcoldsweats01


キックオフの直前ね、私たちの席の斜め後ろの方がすごい騒がしくなって、どうしたのかな〜と思って見てみたら、どうやら男性が恋人にプロポーズしたみたいで大騒ぎheart04周りからキスコールが起こって盛り上がってたら・・・あれ?!試合始まってるsweat01
キックオフの瞬間を見損ねるという失態sweat02


1371575704621.jpg

1371575711948.jpg

試合前はね、メキシコサポーターの方が圧倒的に多いって感じてたの。でも始まってみるとイタリアサポーターもすごくて同じくらいだったのかも。とにかくすごい盛り上がりでした。
我が家はイタリアを応援。子供達ははじめはメキシコ応援するって言ってたんだけど、1点入ったところからイタリアに乗り換えてましたcoldsweats01
でもその読みは当たりで、試合は2-1でイタリアの勝利shine
ピルロとバロテッリのゴールが見られて、さらにファールを取られたバロテッリがきれてスパイクを投げつけてるとことかゴールしてユニフォーム脱いじゃってイエローもらっちゃうとことか見所がありまくりhappy01
メキシコも強くてね、この2カ国とブラジルと同じ組の日本はかなりやばいんじゃないかって感じだったよsweat01

1371575721077.jpg

1371575730984.jpg
後半は結太は起きたけど、今度は遥翔が寝ちゃったりしたけど、智稀はずっと目をキラキラさせながら見てたよhappy01ほんとに贅沢な体験だよshine
90分があっという間すぎて、興奮しすぎて、「今すぐブラジル戦のチケットも取って〜!!」って言っちゃったsweat01もう売り切れてるらしいから無理なんだけどね。。代表のゲームは面白いねshine

1371575739168.jpg


試合が終わるとすぐにみんな帰ります。私たちも余韻に浸りたかったけど、帰りの飛行機の時間もあるからすぐに出発。

迎えにきてくれたガイドさんと駐車場に向かう途中、何かを叫びながら歩く集団に遭遇。
コンフェデ杯、W杯開催反対のデモでした。
ここのとこサンパウロではバスの値上げに反対してデモが何回も起きていて、警察と衝突したりして結構激しいらしい。それに刺激を受けるようにブラジルのあちこちでサッカー絡みのデモも起きていて、開幕戦の日ブラジリアでデモがあったようです。
W杯にお金を使うくらいなら医療や教育にもっとお金を使って!!という訴えみたいなんだけど、景気も下がり気味の今のブラジル、サッカー好きの国民がこんなこと言っちゃうくらいだからよっぽどなんだろうね。。デモ自体も軍政が終わってからもう何十年もほとんど起きてなかったんだって。。あまりひどくならないことを願うばかりです。。。。


危険な目に会うこともなく、無事に帰宅したのは夜中の12:00これもね、直前になってフライトをキャンセルされちゃって、変更せざるを得ない状況になっちゃったから。。。
本当、ヘトヘトになった1日だったけど、ブラジルならではの素敵な誕生日を迎えることができましたhappy01

2013年6月10日 (月)

水泳大会

今年の3月から始まった学校のクラブ活動。
小学生が対象になるので、智稀と遥翔だけカポエイラを週1、水泳を週2回やっています。

スケジュールの都合上、うちの子たちはこれらのクラブをすべて1日学校に行っている月、水、金曜に17:30から行っています。
カポエイラは室内なのでいいんだけど、水泳は屋外プールなので今の時期は厳しい。。。
温水プールにはなっているんだけど、水から上がると寒そうで・・・


1370887275502.jpg
ね、寒そうでしょcoldsweats01冬でも昼間は暖かいんだけど朝晩は冷え込む地域、最近はこの時間は20度には届かず15度くらいじゃないかな。もっと寒い時もあるしね。それでも年中やってるみたいです。。強くなりそうだわsweat02

そしてこの水泳をやっている子達の大会というか発表会みたいなものが少し前ですがありました。

1370887282854.jpg

これは智稀。ちなみに頭の帽子の色でレベルが分けられています。赤が一番下のクラス。


1370887288255.jpg
1370887295529.jpg

日本では夏の短期集中練習に2回くらい参加したことがあったかな。そんな程度なので顔をつけることはできるけど全く泳げなかった智稀。
でも週2回頑張って今ではクロールで25m、ほぼ泳げるようになりました!!いや、1回立ってたかな??
泳ぎ方もまだまだぐちゃぐちゃだけど一生懸命なだけあってすごいスピードで進化を遂げていますshine

1370887301888.jpg

タイムによって金、銀、銅のメダルをもらいます。智稀は銅メダル。でもとっても嬉しそうnote

1370887309260.jpg

次は遥翔。
遥翔はまだまだビート板を使っての練習がメイン。事前には泳ぎが下手な子には補助がつくって聞いてたのに、あれ?いないし、飛び込みやったことあったっけ??sweat02


1370887315940.jpg

1370887323112.jpg


案の定途中で泳ぎが危うくなって慌てて先生が飛び込んで助けてたよ。。浮きも付けずにほんと頑張ってよく泳いだねheart04


1370887330225.jpg


遥翔も最後まで泳ぎ切って銅メダルゲットshine


1370887336942.jpg

1370887344149.jpg

泳いだ後はこの後のサッカーのためにすぐに練習着にお着替え。なかなか忙しい子どもたちです。

最近はほんと寒くて見てるこっちの方が寒くなっちゃうくらいで風邪ひかないかちょっと心配sweat01
こんな感じで週3回は朝6:30に家を出て、夜7時前に帰ってくるこどもたち。
でも楽しそうだし、上達してるし、この調子で頑張れ!!


2013年6月 4日 (火)

ゲイパレードin Sao Paulo

4連休最終日、行ってきました!ゲイパレードshine

旦那さんは断固拒否だったから半分諦めてたイベントだったんだけど、お友達2人(彼女たちのご主人も拒否派ねsweat02)と一緒に行けることに!!

当日はあいにくの雨rain
そんな中まずはサンパウロでお昼ごはんを食べることに。
お友達が美味しい焼き鳥屋さんがあるよnotesと連れて行ってくれましたhappy01

1370370905237.jpg
私が食べたのは焼き鳥丼定食。定食以外にももちろん焼き鳥もあるし、揚げ出し豆腐なんかも。とっても美味しかったよheart04


食べ終わったら、子供たちとパパたちは映画館に、女子たちはパレードにと別れることに。


パレードは毎年この時期にサンパウロのパウリスタ大通りで開催されていて、去年は450万の人が集まったんだって。今年は300万人くらいが予想されていたんだけど、天気が悪かったせいか150万人の来場だったらしい。それでもすごい人だよね。世界最大規模ならしいよ。

お昼を食べたりしてたから、到着した時にはすでにパレードは始まってて、慌てて早歩きで追いかけて行く感じだったんだけど、いるわいるわ、ゲイの皆さん。。

1370371197612.jpg

あちこちにレインボーカラーのものが。レインボーはゲイの象徴です。
虹って可愛いからって身に付けてたらここでは危ないですcoldsweats01ちなみに、このパレード、ゲイだけでなくレズの人たちだったり、いろんなセクシャルマイノリティーの人たちもきてるみたい。


1370371213535.jpg


山車の上ではパンツ一丁のお兄さんが踊ってたり、綺麗なドレスを着たお姉さん?!が手を振ってたり・・・

それ以外にも路上を歩く人たちの中にもいろんな人がいたよhappy01

1370371228677.jpg

1370371243794.jpg

1370371260426.jpg


私たちも道路を歩きながら見物してたんだけど、ゲイの人たちね、知り合いじゃなくても目があったら激しいキスをしまくってたkissmarkcoldsweats01
なぜだか私たちにもキスしようとしてきてキャ〜キャ〜言いながら逃げ回ったりしながらも楽しかったよnotes


路上を歩いてる人たち、みんなビールとかワインをボトルのままぐびぐび飲んでて、ヘロヘロになってる人も。。
マリファナの匂いっていうのも初めて知りました。。。それでもものすごい数の警察官がいるおかげで私たちはもちろん、この日来てた人で危ない目にあった人はいなかったらしいよ。よかったよかったconfident

1370370947015.jpg
パレードが去って行った後はお掃除隊が大量の水と洗剤をかけて一斉に大掃除。
ほんとね、ブラジルには清掃を職業にしてる人がどのくらいいるんだろうって思うくらいあちこちでこの緑の服を着た人を見るよ。
ブラジル人、ものすごい綺麗好きですshine
でもね、飲んだ缶や瓶、ゴミなんかは平気で道路にポイポイ捨てちゃう。だからこんなに掃除の人が必要。。学校でも掃除の時間ってないんだよね。。
綺麗好きなら汚さない、捨てないってとこから始めるべきじゃないのかなぁ・・・といつも思います。。


天気はイマイチだったけど、行って良かった!!ゲイの人たちの中でもね、めちゃイケメンな人も多くてさ。「残念だよね〜」なんて言いながら眺めるだけでも楽しかったよhappy01そして旦那さんたちと来なくて良かったとも。きっと狙われてたからsweat01


そして女子たちが楽しんでる間の子供たち、観たかった映画が満席で見られずに本屋さんで過ごしてたんだってcoldsweats01

1370371276944.jpg


いい子にしてくれてたみたいで、子供たちにもパパたちにもありがとうですshine
そうそう前からね、この2歳の女の子のことうを智稀がすごいお気に入りで、いつも一緒にくっついてたんだけど、最近遥翔も可愛がるようになってさheart04
そしたらそんな遥翔とこの女の子を嫉妬の目で見つめる智稀がいてhappy02
こりゃ、将来取り合っちゃうかもね〜なんて言いながら見てましたhappy01


この後子供達はさらにお誕生会に参加して4連休は終わりました。
疲れたけどとっても楽しい4連休でしたnote

2013年6月 3日 (月)

1周年は鍋パーティー

こちらは木曜から4連休でした。


そして31日、我が家にとっては記念すべき日でした。
1年前のこの日、たくさんのお友達に見送ってもらって日本を出国しました。
前日には夜遅くまでマンションの1階のお友達たちとお話して、当日の朝には子供たちのお友達が登校前にたくさんお別れを言いにきてくれ、空港に向けて出発する時にもたくさんのお友達が集まってくれ、空港にもお友達が忙しい中送ってくれ・・・


そんな風にして出国してから1年がたちました。。
たくさんの送別会でも当日の見送りでもみんなの期待を裏切るように?!泣くことのなかった私。
でも空港で本当にこれでしばらく会えないってなった時に泣いちゃってから飛行機の中でも沈みモードでした。。
今まで飛行機に乗ったことはあったけど、あんな気持ちで乗ったのは初めてだったな。。

ブラジルについてからも、決まっているはずの家になかなか引っ越すことができず、知らない土地で2週間ちょっとホテルに閉じ込められかなりテンションの低い日々を過ごしてました。

それが今までの間に日本人のお友達とも知り合うことができ、ブラジル人や同じように駐在でやってきてるいろんな国の人たちともお友達になれて、あっという間に日々が楽しいものになっていきました。

ブラジルという国も思っていたよりずっと素敵な国でしたshineshine
もちろん危険な話はしょっちゅう聞くけど、有り難いことに凄く安全な環境を用意してもらうことでここが危険な国だってことを忘れちゃうくらいの日々。
子供達が一人で公園に遊びに行くことだってできるのですhappy01
そして空の青がとっても綺麗!!自然はたくさんあるし、果物もとっても美味。お肉だってすごく安く手に入るし、お金はかかるけど日本の食材にもほとんど困らない。
もしかしたら、ブラジルって日本人が暮らす外国としてはかなりいい国なんじゃないかって思っちゃうくらいです。

ブラジル人たちもね、いい加減なところは多々あるんだけど、それでも憎めない何かを持ってる。
すごく陽気で優しくてみんな日本人が大好きで日本に興味をすごく持ってる。
今までにどれだけブラジル人に助けてもらったか。。。言葉が上手に話せなくても一生懸命聞いて理解しようとしてくれるんだよねconfident


子供達も学校で唯一の日本人兄弟として(日系人はいるみたいだけど・・・)ものすごいスピードで学校中に存在が知られることになり、校内を歩いてると声をかけてもらうことの連続で、お家に遊びにおいでと誘ってもらったり、いろいろプレゼントをもらったり。そんな環境なので言葉もあっという間に覚えたし、毎日とても楽しく学校に通ってますnote


もちろんね、不便なことや嫌だなーって思うこともない訳じゃない。あまりにも常識が違いすぎて戸惑うこともいっぱいある。
でもそんな国もあるんだ、世界中にはいろんな人や考えがあって、日本が全てじゃないってこと、そして外に出ることでわかる日本のいいところ、悪いところを見つめ直すことが出来るのは本当に貴重な体験だと思うんだ。特に日本人学校ではなく現地校に通っている子供達は私以上にそういう場面にたくさん出くわしていると思う。そこからいろんなことを少しでも感じ取ってくれるといいなと思ってます。

今継続申請中のビザの有効期限は来年の6月1日。
それをさらに延長申請することになるのか、期限を待たずに日本に戻ることになるのか、今の時点では全くわかりません。。。


残された時間がどれだけなのかわからないけど、今しか見られない景色を見たり出会えない人たちと交流したりしてたくさんのことを感じていきたいなと思います!!


そんなわけで記念日のこの日、は日本人で鍋パーティーshine
先週のマラソン大会で集まった時に鍋がしたいね〜、じゃあ来週やろっか!って感じで集まることに。

いつもはお昼からいろいろ食べ始めるんだけど、鍋だから夕方からだよねーとのんびり集まって準備開始。
となると当然子供達は「お腹すいた〜!!なんか食べたい~」と騒ぎだし・・・sweat02sweat02


この日のおやつのお汁粉用に作っていたお餅を早速焼いて食べました。

1370284259666.jpg

1370284266445.jpg
おいしい、おいしいと子供たちバクバク食べちゃって・・・その結果、鍋にはあんまり手をつけないっていうね・・・coldsweats01


この日の鍋は3種類。3家族がそれぞれ作りましたhappy01

1370284271814.jpg
これは九州出身のパパがつくったもつ鍋風。モツがないので豚バラを代用したんだけど、やっぱり本場の人が作ったのはすごく美味しかった!!
しかもね、このパパさん、包丁さばきがとっても上手shineゴボウのささがきがとっても綺麗でびくりしちゃったshine

1370284278875.jpg
これは和風鍋。とっても優しい味の鍋で、豆腐入りの肉団子がすごく美味しかったlovely
子供たちにもこの鍋が一番の人気だったんだhappy01


1370284285961.jpg
そして我が家はすき焼き。
すき焼きなんてほとんど作ったことがなかったのにブラジルにきてからはもう2回目。
やっぱり牛肉が安く手に入るのは大きいよね。。
うちのすき焼きはちょっと変わってて、じゃがいも入りです。私の実家がそうだったから私も入れてるんだけど、みんなにも好評で一安心confident

他にも・・・


1370284293128.jpg
豚バラの串焼きやイカ焼き

1370284300313.jpg

1370284307673.jpg
イチゴタルトやお汁粉なんかも食べてお腹いっぱいlovely最後にうどんをいれたり雑炊したりなんて考えてたけどそれは断念coldsweats01

鍋をほとんど食べなかった子供達が何をしてたかっていうと、戦いごっこ。

1370284314569.jpg

1370284320597.jpg
この日、子供達が遊べるように、ダイニングにおいてあるテーブルと椅子をシュハスカリアに移動して広いスペースを確保してたの。
そこで剣のおもちゃをもって遊んでました。
こっちに来て、そういう男の子らしい遊びをどんどんするようになってる気がする・・・日本では3兄弟の割にやってない方だったから。
まぁ、元気なのは何よりだねhappy01


1370284327217.jpg
お庭にテントを出して基地の様にしたり
1370284334762.jpg
ミニミニくんも仲間にいれてもらったりで途中喧嘩もあったけど子供達も楽しく過ごしてましたnote


1370284341465.jpg
この日は夜遅くまで食べたり飲んだり喋ったり・・・
途中、飲んでるにもかかわらず智稀と公園でサッカーをした旦那さんはいつの間にか倒れるように眠ってましたcoldsweats01
熱い口調でジョギングについて語ってたのに、それも覚えてないとか・・・sweat02
きちんとお見送りできなくてごめんね。。


普段から楽しい時間をいつも共有させてもらっている人達とこの日を過ごせたのは本当によかったheart04heart04
彼らなしでは我が家のブラジルライフは成り立たないからね。
これからもよろしくねnotes

日本にいるみなさんも片山家が元気で日本に帰る日までもうしばらくお待ちくださいshine

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »