ブラジルで旅行

2013年7月25日 (木)

Lençóis Maranhões ブラジル最後の旅行 前半

バタバタと日本に帰国してあっという間にもう1週間がすぎ、通常の生活ができるようになりました。
夏休みということもあって何だかやることが多すぎて、専業主婦ってこんなに忙しかったっけ〜??とすっかりブラジルでのんびりしすぎてた私は今なかなかアワアワしちゃってますsweat01

それでもちょっとのんびりできる時間が昨日あたりからできてきたので残ってたブラジル生活のブログをぼちぼち書いていこうと思いますhappy01

7月の6日から9日まで3泊4日で友人夫婦と一緒にマラニョン州にあるLençóis Maranhões に行ってきました。
ここは日本でも世界の絶景を扱うテレビとかでよく紹介されているところで、ブラジルの中でも絶対に行ってみたかったところshine
ブラジルでは直前になればなるほど飛行機代が高騰しちゃうので早いうちに申し込んじゃおうともう何ヶ月も前から申し込んでたんだよね。
それが急に帰国の話が出ちゃって、でもなんとかいけることになって一安心confidentほんとギリギリではあったんだけどねcoldsweats01

当日は早朝4時に自宅を出発night

1374757155832.jpg
6時台の飛行機なのでまだ外は暗くてやっと太陽がのぞき始めたくらい。それでも最後の旅行に子供達のテンションもupup


カンピーナスの空港から飛行機で2時間ほどで経由地のブラジリアへ。そこからさらに2時間ほどでサンルイスに到着airplane
ここは世界遺産にもなっている素敵な街shine
行ってみたかったけど時間もなく断念。そこから宿泊地のバヘリーニャスという町まで4時間くらいかけて車で移動rvcar
晴れてると思ったら急にスコールが降ったり、移動中はクルクルと天気が変わって面白かったよhappy01


ソロカバからほぼ1日かけてたどり着いたバヘリーニャスは素朴な田舎町。
ブラジルに住んでいながらもその景色に慣れてしまっていて、ソロカバにいると自分が外国に住んでいる感覚が薄れていたんだけど、レンガのみの質素なお家に上半身裸の多くの人たち、舗装されてない赤土の道路・・・この景色を見て、自分たちが外国に住んでいるんだなぁと今頃になって改めて実感しました。。


1374757161586.jpg
ここが4日間滞在するポウザーダhouse


1374757164162.jpg
フロント。可愛らしい置物とかあっていい感じだったよhappy01

1374757166392.jpg
ここは朝ごはんを食べる場所。タピオカクレープが美味しかったhappy01すぐ横にはプールもありましたshine


1374757168844.jpg

1374757171156.jpg
敷地内には緑や花もたくさんshineブラジル滞在中、残念ながら高級リゾートホテルには泊まることはできなかったんだけど、こういうブラジルのポウザーダの大自然が私は大好きなんだhappy01
ただ、毎日思いっきり遊んで疲れ切ってしまった我が家。爆睡してしまって電気を消すことを忘れてしまい・・・
夜中何か足や手に止まる生き物がいるなあと気になってあまり眠れず。。。
旦那さんは目を覚まして見たしまったらしい、おびただしい数の羽アリたちをbearing
その翌日からはちゃんと電気を消したので大丈夫でした。。まぁ、こんなこともあるよねsweat01ブラジルでは。。


1374757173283.jpg

1374757175232.jpg

1374757177353.jpg
空いてる時間はだいたいプールで水遊び。一緒に来ているお友達夫婦にかなり遊んでもらっていろいろできるようになったみたいよhappy01happy01
智稀の息継ぎも大分いい感じになってきたよshine


そして2日目の午後がメインのレンソイス観光!


砂漠にはジープにのって向かいます。
子供達はかなり揺れるので危ないからと後ろの荷台のような座席ではなく、室内??の席に乗るように言われかなり御機嫌斜めsweat01

まずは川岸までジープで向かいます。

1374757179393.jpg
そしてそこからジープと一緒に川を渡ります。


1374757181691.jpg

1374757183418.jpg
川を渡るのはすぐだったんだけど、そこから砂漠の道を12キロ、途中に水たまりもある悪路を30分ほどかけて進みます。
これがね、スピードもすごくてめちゃくちゃ揺れるの!!
シートベルトもないから、ジェットコースターに乗ってるような気分で、子供が後ろはダメって言われたのも納得でしたcoldsweats01
私とお友達夫婦が後ろに乗ってたからキャ〜キャ〜言いながらで面白かったけどねgood

1374757185485.jpg
そうして到着!!ここからは裸足でひたすら歩く!!!
雨は降ってないものの空はどんより今にも降りそうな雲があちこちあって、でもそのおかげか思ったほど暑くもなく、風もほとんどなくて歩きやすかったかな。

1374757187212.jpg
目の前に広がる景色に大興奮の智稀。「同じ地球だと思えない!!」だってhappy01
ね?背後の空の色、ヤバイでしょ?でもね、パラパラっと降っただけで途中からは晴れてくれたんだsun


1374757189444.jpg

1374757191091.jpg

もうね、すんごい絶景shine綺麗すぎて言葉も出ない感じだったよ。。
砂も白くて綺麗だし、この時期にしか見られない湖も青くて澄んでてめっちゃ綺麗shineshineshine

1374757192807.jpg

1374757194542.jpg

1374757196778.jpg
湖では泳いだり遊んだりnote湖の水は温かくて気持ちいいのspa
ついてすぐに遥翔が激しい腹痛に襲われて前半は全然遊べずトイレに行ったりで、そのせいで一緒に行ったお友達には申し訳ないことに魚がたくさん見られるスポットには行けなくなっちゃったりしたんだけど、でも途中から復活してたくさん遊べましたhappy01


1374757198667.jpg
風で自然にできる模様が美しい・・・

1374757199913.jpg

1374757201251.jpg
ものすごい急な坂になってるところがたくさんあってね、前にここにきたお友達がゴミ袋を持ってたら滑り台が出来たのに!!って言ってたの。なので張り切って持参したんだけど・・・
砂がサラサラすぎて子どもの体重ですら沈んじゃって全く進まずsweat02
段ボールなら行けたかもね、という結論に至りました。もし今後行く予定がある人がいたらぜひお試しくださいhappy01
ゴミ袋はダメだったので結局寝転がってくるくる転げ落ちて遊んでたよhappy01


1374757204912.jpg
お友達が撮ってくれたお気に入りの1枚。絵になってるでしょ??


1374757206434.jpg

1374757208248.jpg
半日と言わず1日中いたかったね〜と名残惜しい気持ちの中レンソイス観光が終了。。
本当に素敵すぎる風景でした。。結太の笑顔もねcatface

2013年6月18日 (火)

Copa das Confederações Itália contra México

16日の日曜日、今年は父の日と私の誕生日が重なる日でした。
この日、半年以上前からチケットを取っていたコンフェデ杯のためにリオデジャネイロまで日帰りで行ってきましたairplane

チケットをとったのはまだ組み合わせ抽選も始まっていない去年のこと。
その時申し込みをしたFIFAのサイトでは5月にチケット受け取りのメールが届くってことになってたんだけど、直前になって大問題が発生down
チケットはコンフェデ杯開催都市のいずれかでしか受け取れない、しかも当日受け取りは不可!!!!!


コンフェデ杯はサンパウロでは開催されないため、我が家は一番近いリオまでチケットを取りにいかなきゃいけないことにweep
車で行こうかとも考えたけど、片道5時間以上かかるし、道を間違えるとすぐに危険地帯に入ってしまうリオに車で行くのはあまりにも危険。。。
結局3日前の木曜に旦那さんが一人で飛行機でチケットを受け取りに行きました。
かかった飛行機代500レアル(20000円ちょい)、そして受け取りは空港内のチケットセンターなので空港から出ることもなく・・・

1371575553833.jpg
無事チケットは手に入ったけど、ずいぶん高くついてしまいました。。。せっかくブラジルにいるんだからと、周りにもチケットを買っていた人たちが結構いて、みんなバタバタ大慌て。。
あり得ないでしょ、このシステム。。来年のW杯でもこのやり方なのかしら。。。W杯はサンパウロでも開催されるからまだましだけど、1番いいのは自分でチケットを取るのではなく、旅行会社に任せることかもね。


そんな大変な思いもしながら、当日はお昼前にリオ入り。
去年リオ旅行をした時にお世話になった日本人ガイドさんの話だと、スタジアム周辺は車が近づけないようになっていて、渋滞もひどい。スタジアム内の飲食も激高なので先に食事を済ませてからスタジアムに向かった方がいいよとのこと。
今回は息子さんが空港まで迎えにきてくれてアテンドしてくれました。


お昼にシュハスコを食べた後、早速スタジアムへ。

1371575560899.jpg
まだまだ早い時間だったので道も混んでなかったけど、途中でこうやって道を封鎖してました。私たちも近くの駐車場で車から降りて、そこからは徒歩で向かいました。

1371575566803.jpg

1371575573535.jpg
スタジアム前にはたくさんの人!!メキシカンハットの人たちが目立ってました。近いからかな、メキシコサポーターの方が多い感じ。

1371575583417.jpg

1371575592050.jpg
改修されたばかりのマラカナンはとっても綺麗shine前にきた時はまだ工事中だったんだよね。。
スタジアムからはクリストヘデントールもバッチリ見えました!!


荷物検査も厳しくて、空港と同じで手荷物のX線検査と人の検査もありました。私はブーツが引っかかって脱がされたりしたけど無事通過。
全身金属探知機で調べられる母を子供達は心配そうに見てたよsweat02

1371575599145.jpg
大きな手のお姉さんがたくさん配置されていて、案内してくれます。英語が話せる人もたくさん配置されていたよhappy01


1371575607767.jpg

1371575618616.jpg

1371575628767.jpg
そして見えた!!!!これがマラカナンだーshine
改修前は15万人ほど収容できたみたいだけど、全て椅子席になって収容人数は半分ほどになったみたい。でも大きくてとっても綺麗でもう大興奮shine

この時点でお昼の2:00すぎ。試合は4:00からなのでここで2時間待ちです。。

1371575640339.jpg

1371575650412.jpg
メキシコ人記者さんと仲良くなって遊んでもらってる結太。たくさん写真を撮られていたから、もしかしたらメキシコの新聞に載っちゃったかしら?!?!


1371575660177.jpg
智稀と遥翔はいろんな人たちのところに行って、「メキシコとイタリア、どっちの応援するの??」とアンケート開始。
3人とももうすっかり度胸がついていて、外国人に対して全くひくこともなくガンガン話しかけてます。。。すごいcoldsweats01


1371575667568.jpg

1371575675191.jpg
いろんなかっこのひとたちがいっぱい。メキシカンスタイルの人は本当に多かったよー。そしてバロッテリといえばということでマリオとルイージもねhappy01
イタリアサポーターにはおしゃれさんが多いのはさすがだなーという感じ。
こんな感じで遊んだり人間観察したりしてたから結構時間がたつのも早くて、気づいたら選手たちがピッチで練習開始soccer

1371575685259.jpg
そして選手入場の時間がくる頃にはスタジアムはすごい人!!代表の試合はやっぱりすごい!!
この日は7万5000人ほどいたみたいshine


1371575696877.jpg
やっとキックオフ・・・ってところで結太、まさかの爆睡sleepy
試合前に遊びすぎたようですcoldsweats01


キックオフの直前ね、私たちの席の斜め後ろの方がすごい騒がしくなって、どうしたのかな〜と思って見てみたら、どうやら男性が恋人にプロポーズしたみたいで大騒ぎheart04周りからキスコールが起こって盛り上がってたら・・・あれ?!試合始まってるsweat01
キックオフの瞬間を見損ねるという失態sweat02


1371575704621.jpg

1371575711948.jpg

試合前はね、メキシコサポーターの方が圧倒的に多いって感じてたの。でも始まってみるとイタリアサポーターもすごくて同じくらいだったのかも。とにかくすごい盛り上がりでした。
我が家はイタリアを応援。子供達ははじめはメキシコ応援するって言ってたんだけど、1点入ったところからイタリアに乗り換えてましたcoldsweats01
でもその読みは当たりで、試合は2-1でイタリアの勝利shine
ピルロとバロテッリのゴールが見られて、さらにファールを取られたバロテッリがきれてスパイクを投げつけてるとことかゴールしてユニフォーム脱いじゃってイエローもらっちゃうとことか見所がありまくりhappy01
メキシコも強くてね、この2カ国とブラジルと同じ組の日本はかなりやばいんじゃないかって感じだったよsweat01

1371575721077.jpg

1371575730984.jpg
後半は結太は起きたけど、今度は遥翔が寝ちゃったりしたけど、智稀はずっと目をキラキラさせながら見てたよhappy01ほんとに贅沢な体験だよshine
90分があっという間すぎて、興奮しすぎて、「今すぐブラジル戦のチケットも取って〜!!」って言っちゃったsweat01もう売り切れてるらしいから無理なんだけどね。。代表のゲームは面白いねshine

1371575739168.jpg


試合が終わるとすぐにみんな帰ります。私たちも余韻に浸りたかったけど、帰りの飛行機の時間もあるからすぐに出発。

迎えにきてくれたガイドさんと駐車場に向かう途中、何かを叫びながら歩く集団に遭遇。
コンフェデ杯、W杯開催反対のデモでした。
ここのとこサンパウロではバスの値上げに反対してデモが何回も起きていて、警察と衝突したりして結構激しいらしい。それに刺激を受けるようにブラジルのあちこちでサッカー絡みのデモも起きていて、開幕戦の日ブラジリアでデモがあったようです。
W杯にお金を使うくらいなら医療や教育にもっとお金を使って!!という訴えみたいなんだけど、景気も下がり気味の今のブラジル、サッカー好きの国民がこんなこと言っちゃうくらいだからよっぽどなんだろうね。。デモ自体も軍政が終わってからもう何十年もほとんど起きてなかったんだって。。あまりひどくならないことを願うばかりです。。。。


危険な目に会うこともなく、無事に帰宅したのは夜中の12:00これもね、直前になってフライトをキャンセルされちゃって、変更せざるを得ない状況になっちゃったから。。。
本当、ヘトヘトになった1日だったけど、ブラジルならではの素敵な誕生日を迎えることができましたhappy01

2013年4月 4日 (木)

イースター連休はブラジルセレブ風に~Bertioga~

ブラジルでは3月29~31日までイースター連休でした。
我が家はカーニバル休暇で連れて行ってもらったBertiogaの別荘を自分たちでレンタルして日本人家族4家族で過ごすことにしましたhappy01

我が家からBertiogaまでは約250キロ、何もなければ約3時間でたどり着けるんだけど、連休になるとかなりの数のブラジル人がビーチに向かうのですごい渋滞が起きるんだとか。。
なので我が家も張り切って早朝5時におにぎりを持って出発car
でも・・・・あれ?あれあれ????渋滞これだけ???3時間半で8:30には順調すぎる到着。。



どうやら、ブラジル人の多くは前日の夜から出発するようです。。。さすが、ブラジレイロ。元気すぎるわ。。


今回行ったBertiogaには別荘用のコンドミニオがたくさん存在します。私たちが行ったのもそのうちの一つなんだけど、サンパウロの都会で働いているお金持ちが所有していて、週末になるとのんびり過ごす・・・というのがセレブ流。さらに自分たちが使わない時は貸し出しもしてさらに収入upというわけ。


そんな素敵なセレブたちの休日の過ごし方を私たち庶民も体験させてもらったよscissors
ただ・・・なんせ庶民なもので、ゆったりまったりとはいかず、全力で遊び続けたけどねsweat01


ここの別荘の一番の魅力は何と言ってもこれ!!

1365109949262.jpg


とっても素敵なプライベートビーチがあるのshine
私達が泊まった別荘からだと徒歩3分。プライベートビーチなので人も少ないし綺麗です。

こんな素敵な環境で3日間、思いっきり楽しんできたよnote

1365109954517.jpg

お庭のみかんの木で収穫体験をしたり。遥翔はそのみかんでジュースを絞ってたよ。とてものめたものじゃなかったけど。。。


1365109961353.jpg

水風船で遊んだり。これは途中からパパ達が暑い戦いを繰り広げてました。ストレス発散だ〜って言いながらcoldsweats01そりゃそうだよね、異国で頑張って働いてるパパ達、ストレスがたまらない訳がないよね。。お疲れ様ですconfident


1365109967531.jpg

1365109974478.jpg

1365109981558.jpg

これはダンスタイム。お友達がwiiを持ってきてくれていて、子供たち、めちゃくちゃ真剣に頑張ってたよ。そして頑張ったのは子供だけじゃなくてパパ達も。。
モー娘。の恋愛レボリューション21をマジダンスsweat02これね、動画をお披露目したいくらい面白かったよwink途中からは息もあってきて結構な完成度だったんだけど、パパ達からしてみればもっと完璧にしたかったみたいで悔しそうでした。。


さてさて、何家族が日本からソフトを取り寄せることになるかな??うちは取り寄せてしまうよ、きっとcoldsweats01パパさん達、忘年会楽しみにしてます!!



1365109988453.jpg

ギターとベースと歌の生演奏もしょっちゅう流れてましたnotes生演奏なんて贅沢だねぇ。。


もちろん海でもたっくさん遊んだよ!!

1365109995427.jpg

1365110001534.jpg

1365110022592.jpg

遠浅なのでちびっこでも割と安全に遊べるし、ちょっと沖まで行くと足はつくけどちゃんと波もあってみんな楽しめる感じshine
途中から男の子とパパ達が始めた砂遊びは途中からパパ達メインの本気製作。
この3日間、パパたちは何度も童心にかえってたね。


さてさて、別荘だと困るのがホテルじゃないので食事を用意しなくてはいけません。
人数も多いからカレーとシュハスコがあればいいよね〜と軽い感じで考えてたんだけど、料理上手なママたちのおかげで毎食ご馳走続きだったよrestaurant

1365110029681.jpg

チキンの丸焼き。会社でクリスマスにもらったものを持ってきてくれました。ゆうたんはこれが大好きheart04ずーっと食べてたよ。。


1365110038820.jpg

カレーとアーリオオーリオ。カレーは2日分作ったのに、冷蔵庫に入れてなかったら残念な結果にweep


1365110047421.jpg


これ、すごいでしょ??釣り好きなご主人が釣ってきたお魚とブリ(これは買ってきてくれたもの)を魚さばきの達人の奥様が姿造りにしてくれたの!!
新鮮でめちゃくちゃ美味しかった〜shine

1365110055604.jpg

ぶりはブリしゃぶにもしたんだ。これも絶品!!日本でもぶりしゃぶなんて食べたことなかったのに。
あまりに美味しかったから我が家でもやってみたいけど捌けない私。。。お魚屋さんでやってもらえるのかしら。。。sweat02
この奥様、ほんとに料理上手で手際が良くて他にもタコの唐揚げとかお味噌汁とか次々ちゃちゃっと作ってくれて。こんなご馳走三昧できたのは彼女のおかげですhappy01

1365110063878.jpg

1365110071439.jpg

シュハスコもいつもより豪華shine
タコを焼いたり、ブリの頭や中落ちを焼いたり。あとは初めて焼き芋にも挑戦。
今回は来られなかったお友達が「シュハスコの時に焼きイモしたら美味しいと思うんだよね〜」って前に言ってたのを思い出してやってみました。
こっちのさつまいもってね、日本のほど甘くないし繊維も多かったりしてお菓子作りにはあまり向かない感じなの。でも焼きイモにすると甘くて美味しかったよ!
Cちゃん、今度ぜひやろうねnote

1365110331807.jpg


これは2日目の夕食。カレー用に大量に炊いていたご飯をバターライスにして余ってたチキンもいれてオーブンで焼いて、さらに餡掛けをかけていただきました。カレーがダメになっててちょっと慌てちゃったけど、これもまた別のママの機転で美味しいメニューができましたnote

1365110079272.jpg

そして4月2日にお誕生日を迎えるYさんをサプライズでお祝いもしたよhappy01
ロールケーキは私が作ったものnoteでもね、バタバタで準備したから、28歳のお誕生日なのに29のろうそくを立ててしまった。。。ごめんよ、若すぎてわからなくなっちゃってたよsweat02


1365110339962.jpg

朝食はパンとフルーツcherry
パン担当だった私、1週間かけていろんなパンをたくさん焼いてもっていきました。
頑張った甲斐あってみんなにたくさん食べてもらうことができましたlovely


こんな感じで遊びまくり食べまくりで、本当は夜子供達が寝たあと大人だけで飲んだりいろいろしたいねって言ってたのに毎日早々に寝てしまいました。。でもそれだけ昼間楽しんでたってことだからよかったのかな。。

あと微笑ましかったのが、この3日間、智稀が2歳のミソランとずーっとラブラブだったことheart04


1365110086393.jpg


ね??智稀は本当にこの年齢の子が大好きなようで、それが彼女にも伝わったのかな。しょっちゅう一緒にいてパパは複雑そうだったよsweat01



・・・妹が欲しいんだってさ。。そうなりますよね、そりゃあsweat02
私だって欲しいよ、女の子。。でも絶対男の子に決まってますから・・・think


1365105119170.jpg


一緒にお休みを過ごしてくれたみんな、ほんとにありがとうheart04
おかげでとっても楽しい3日間になりましたshine

2013年2月13日 (水)

Carnaval 休暇 de Bertioga

ブラジルは2月9日から13日までカーニバルでお休みです。
実際祝日なのは12日だけなので11日や13日は仕事って人もいるんだけど、我が家はみんなお休みnote


特に予定もなかったんだけど、今のコンドミニオを紹介してくれた不動産屋さんがリゾート地の別荘を借りて過ごすからよかったら一緒にどう?
って誘ってくれたので大喜びで参加させてもらうことにしましたshine


行ったのはソロカバから車で3時間のBertiogaという町。前に行ったビーチのあるGuarjaの隣街です。

1360779126045.jpg
マップで見るとこんな感じに雪の結晶のように見えるのが海沿いにあるコンドミニオです。
周りは緑だらけの静かなとこでコンドミニオからしか入れないプライベートビーチ付きshine


コンドミニオ内にある細い道を進んで行くと・・・


1360779138918.jpg

1360779150029.jpg
プライベートビーチに到着!!
人も少なめだし、海もとっても綺麗shineとっても贅沢な気分heart04


1360779162208.jpg
そしてここのビーチ、とっても遠浅wave
ずいぶん進んでもひざ下までしか水がないので子供たちでもどんどん沖までいって遊べますhappy01


1360779173101.jpg
遥翔が持ってるの見えるかな??とっても綺麗なピンクの貝殻がたくさんあって、集めてる人がたくさんいたよnotes
もちろん私たちもたくさん集めましたshine


1360779185824.jpg
こんな小さなヤドカリ??がたくさんいたり、カニや小さな魚もたくさんfish


1360779197012.jpg

1360779208999.jpg

1360779221182.jpg

1360779233549.jpg

1360779245529.jpg


土曜から最終日の火曜の朝まで午前中と夕方の1日2回はビーチに行ってたくさん遊んだよhappy01

1360779582589.jpg

海に行ってない時間はお家の庭で水風船投げをしたりサッカーをしたり。今回、不動産屋さんの家族や親戚がたくさん集まっていて子供達もたくさんいました。

みんなとっても元気で、夜になっても遊ぶ遊ぶ。


1360779257035.jpg

1360779269702.jpg
こんな感じでsweat01毎晩深夜の12時近くまで遊んでたよ。。もちろんうちの3人も頑張って起きて遊んでましたcoldsweats01

ここのコンドミニオにはスーパーもついてるし、レンタル自転車を借りることもできてとっても便利。

1360779280915.jpg
初めてビーチを自転車で走ったけど、とっても気持ち良かったよgood


ホテルではないから食事や掃除は自分たちでしなければいけないけど、(今回私たちはなーんにもしてないけど。。。)こういう別荘が借りられるのってとってもいいなと思いました。。

1日いくらで値段設定がしてあって、大抵の家具や調理器具、冷蔵庫なんかも備え付けてあります。
別荘のオーナーさんが使わない時に貸し出してるって感じね。今回泊まったのは1日800へアイスなんだって。


1360779594202.jpg

1360779606670.jpg


かなり気に入ってしまったので、来月あたり我が家も借りてもう一度行ってみようかと思ってますhappy01
参加してくれる方、お待ちしてますlovelylovely

2013年1月13日 (日)

南パンタナール&ボニート旅行 その5

ボニート3日目、この日は旅行が決まってから最も楽しみにしていた2つのツアーが待ってましたshine

まず午前に向かったのがGruta do Lago Azul ラーゴ・アズー鍾乳洞shine


新婚旅行でイタリアにいった私達夫婦。そこでもカプリ島の青の洞窟に行っていて、その青の綺麗さに感動したので、ブラジルにもあるって知ってからは絶対に行ってみたかったんだnote
ただ、旅行会社のHPとかみると、5歳以下は入場できないって書いてあったからうちは無理かも・・・と駄目もとで申し込んだんだけど、なんの問題もなく参加できました。「以下」と「未満」の認識の違いなのか、おおよその目安でそんなに厳密ではないのか・・・よくわかりませんsweat01
それでも、受付で全員の誕生日は書かされたので確認はしてるのかな。。とりあえず、5歳はオッケーのようですscissors


洞窟に向かう前に注意事項の説明を受けた後、ヘルメットが配られます。
おもしろかったのが、ヘルメットをかぶる前にまず不織布のネットを頭につけるの。衛生的な面でのことなんだろうね。
ブラジルは、思ってたよりはるかに衛生的な意識がめちゃくちゃ高くて綺麗好きな人が多いshine
トイレでの手の洗い方一つとっても、とっても丁寧で、うちの息子たちの手洗いを見たら気絶するんじゃないかってほどsweat01
そこまでしなきゃいけないくらいいろんな菌があちこちあるってことかもしれないけどね。。そのくせ、ゴミの散らかしっぷりはすごかったり矛盾してるとこも多々ありだけど。。。

1358104170686.jpg

しばらく歩いていくと、門があって、鍵を開けないと先に進めないようになってました。


1358104186601.jpg

1358104200820.jpg

段差が結構あったり安定感がなかったりで、結構険しい道のり。滑るとこもあったしね。ここら辺が小さい子が参加できない理由なんでしょう。。泳げないと聞いて、あまり乗り気でなかった子どもたちも洞窟の中が見えてくると興奮してきてたよ。「ゼクロムとレシラムがでてきそうだねぇ」ってnotes

1358104213335.jpg

上から差し込んでくる光がとっても綺麗shine
12月から1月の8:30-9:00頃にかけてが入り口から直接光が差し込んでくるみたいで綺麗な青い湖が見られるんだって。


1358104226705.jpg

1358104238472.jpg

石柱もとっても幻想的shine

1358104251687.jpg

1358104261776.jpg

1358104273610.jpg

そしてついに青いラゴ出現!!いやー、やっぱり綺麗!!!うっとりしちゃいますheart04
智稀もビックリしたみたいで、「お父さん!イタリアにも行きたい!」って言ってたよhappy01
ラゴのすぐ横には新しい通路が作られてたよ。今はひとつのルートしかないので、すれ違いのために何箇所かで待つポイントがあるのね。でも、この新しい通路はくるっと回るようにできるみたいだから、一方通行になって人の行き来がスムーズになるみたい。歩きやすくもなるから、小さい子でも参加できるようになるといいのにねhappy01


1358104284854.jpg

1358104295500.jpg

せっかく撮ってもらった家族写真、青いラゴがちゃんと写ってない・・・sweat01
帰りは登りになるのでさらに厳しい道のりで、ブラジル人はゼーゼー言いながら登ってたよsweat02
子供達も頑張って歩いて、ご褒美のアイスnotes

この後は車で次の地へ移動ですrvcar


お昼前についたのが次のツアー場所のRio Sucuri スクリー川fish
ここでは初のシュノーケリングですshine
その前にまずはランチrestaurantここのランチはツアー代に含まれているので、小銭しか持ってきてなかった旦那さん。なのにお店の人は「ここは別料金だよ」って。。。bearing

仕方ないので、ドライバーさんにお金をお借りして昼食を食べました。。結局ね、後で問い合わせをしてみたら、手違いでやっぱりツアー代に含まれていたようで返金してもらうことになったんだけど、夕食のことといい、もっときちんと確認しなきゃダメだねってお勉強になりました。。confident


そうして無事にお昼ご飯を食べてたら、まさかの雨が・・・rain
雨期に入っているにもかかわらず、今回の旅行では全く雨に邪魔されることのなかったラッキーな私達。でも何で今~?!1番降って欲しくないポイントなんだけどー!!と超ショックweep

かなりの絶望感の中、周りの人たちの注目を浴びながら子供達が雨乞いダンス?!をしてくれたおかげで食べ終わってしばらくするとまた晴れてきたsun
でかしたぞ!!息子たちshine

出発の時間になり、着替えを済ませトラックに乗り込みますrvcar

1358104307333.jpg

張り切ってシュノーケルの練習中shine上手にできるかしら?!

トラックからおりてから川までは少し歩きます。
スクリー川の水源は湧き水です。水源ではポコポコ水が湧き出ているのが見えました(写真は失敗)

1358104319609.jpg

1358104332592.jpg
水の中では絶対に歩かないこと、何も触らないこと、足をバタバタさせないことという説明のあとさっそくシュノーケリングの準備。
結太はシュノーケルをつけるのを嫌がったり理解してなかったりで残念だけど断念。ボートから見ることになりましたsad
スクリー川のシュノーケリングはガイドさんがボートでついてきてれるので小さい子を預けることもできて安心confident
他の川のシュノーケリングのツアーでは付き添いなしのところもあるので、子連れの家族は要注意です。。

1358104344586.jpg

1358104355411.jpg

1358104367903.jpg

1358104381508.jpg

水は冷たかったけど、あまりの綺麗さに気にならないくらいshine
結太は途中からやっぱり入りたい!!ってなって、入ることにしたんだけど、1人で浮くのは怖いみたいでお父さんにおんぶ状態で。これは結構大変だったってsweat02
そんなお父さんの苦労も知らずに結太は満喫してたよnotes
その結太と交代で途中から遥翔はボートに。楽しんでたんだけど、興奮しちゃったのかな、呼吸がうまく出来なくなって、水が逆流してきたり無茶苦茶になったようでリタイア。。。
智稀は上手にプカプカ浮かんでて、軽いからか、誰よりも先を泳いでましたhappy01


1358104394765.jpg

1358104407021.jpg

1358104421700.jpg
スクリー川に一番たくさんいるのがピラプタンガというお魚fish結構大きいサイズのもたくさんいて、まるで一緒に泳いでるような感覚になれたよconfident
とにかくどこまで行っても綺麗!!
約40分間のシュノーケリングはあっという間で、はまっちゃいそうなくらい楽しかったですheart04

子供達が少しづつ大きくなってきていて、色んなところでお金がかかるようになってきてきつかったりするんだけど、こういう遊びが一緒にできるようになってきたのはとっても楽しいnotesまた絶対にやろうね!とみんなで約束しましたhappy01

そして、最終日の夜は地球の歩き方に載ってたSale & Pepeというお店に。ここの厨房には日本人女性がいて、ピラニアのお刺身が食べられるということで行ってきました。

1358104436064.jpg
これがピラニアのお刺身。
さっぱりめだけど、おいしい!ってほどでもないかなってのが我が家の感想sweat02
スープにすると美味しいとか聞くから、火を通した方がおいしいのかもね。。


1358104449255.jpg

1358104461319.jpg
これはスクリー川で見たピラプタンガのお刺身とグリル。
こっちの方が美味しかったshine普段お刺身を食べない遥翔と結太もパクパク食べてました。智稀はイマイチだったみたいだけどsweat02
見て楽しんで食べて楽しんで、ますますここが大好きになりましたheart04

おいしく夕食を頂いたあとはボニートのセントロの街を少しお散歩。

1358104474810.jpg

1358104485719.jpg

1358104498849.jpg

1358104511011.jpg
あちこちに面白い公衆電話があったり、お土産物屋さんが並んでいたり。イルミネーションもしてあってすごく賑やかshine
ずっと夜はホテルにいたから気づかなかったけど、そういえばホテルに泊まってる人達、みんあ帰りが遅かったんだよね。。。毎日お散歩にくれば良かったとちょっと後悔sadでも、最終日に見ることができて本当良かったhappy01
ボニートは観光で成り立ってる街で、治安も良く、この時期は特に賑やかなんだって。
色んなお店を見て回って、私はバッグを2つ購入。子供達も量り売りのアイスを食べてご機嫌でホテルに帰ったよnote

1358104522145.jpg

そして、帰る日。パンタナールの時からずっとドライバーをしてくれたこの方とお別れ。
帰りの空港までの道でも車の調子が悪くなってスピードが出せなくなって予定よりだいぶ遅れて到着したりとトラブルはいくつかあったけど、子供達もすっかり懐いてハグしまくりのお別れでしたhappy01


1358104533232.jpg
空港到着が遅れたので大急ぎで食事を済ませてダッシュで飛行機に。
この綺麗な空ともお別れです。。

今までブラジルに来て何箇所か旅行してきて、まだまだ行きたいとこだらけだけど、それでもボニートにはもう1回きてみたいな~というのが感想。他にも行きたかったところがいくつかあるんだよね。。多分もう一度は無理だろうけど・・・sweat01


こうして長がったお正月旅行も終了。無事に帰宅したあとは休む間もなく片付けや洗濯に追われ、一気に現実に引き戻されsweat02
でも、こんな楽しい思いができるなら何だって頑張れちゃう!!次はどこに行こうかな~と早くも検討中shine
そしてこんな生活をさせてくれている旦那様に改めて感謝の旅となりましたshine


写真を厳選しきれず、文章もまとまらず、長~い旅行記となってしまってごめんね。。最後まで読んでくれてありがとうございましたhappy01

2013年1月11日 (金)

南パンタナール&ボニート旅行 その4

旅行も4日目。パンタナールからボニートへは車で4時間ほどrvcar

1357950653616.jpg

ボニートでのホテルに到着。今回は一部屋で、ダブルベッド、シングルベッド、2段ベッドと、ベッドだらけのお部屋でした。。
今回は冷蔵庫がついてたのでスーパーで水を買ってきて飲み物代の節約をしましたmoneybag
ブラジルは水も有料だからね。バカにならないんです。。。

この日も6時過ぎてるってのに、当然のようにプールの催促。。coldsweats01
勝手に着替えて、「先に行って待ってるからね~」だもんねsweat01


そして、夕食時になって、・・・あれ???どこで食べるか聞いてないぞ。。。
さっそくフロントに聞きに行ってみたら、あなたたちのツアーに夕食は含まれてませんよって。。

パンタナールが全食事付だったのでてっきりボニートもだと思ってよく確認をしていなかった私達sweat02
この日は慌ててホテルのレストランで食べました。
3回の夕食・・・これは痛い出費になりそうだcoldsweats02

そして、5日目。
朝食を食べた後、ボニートでの初めのツアー先はParque das Cashoerias、滝公園です。

1357950695043.jpg

ミモーゾ川沿いにある6つの滝を結んであるトレイルを歩きながら回って水遊びするというもの。

1357950712818.jpg

滝と滝の間は距離があるところも結構あってたくさん歩きました。でも道には木の板が敷き詰めてあるので大変ではなかったよgood

1357950733215.jpg

1357950754104.jpg

飛び込みができる台が設置してあるところもありましたshine

1357950773409.jpg

1357950789945.jpg


旦那さんと智稀・遥翔が挑戦!高さ6mの台からそのまま飛び込むんじゃなくてターザン?をしてその途中で手を離して飛び込むの!
面白かったって[E:notes]
智稀なんて2回もやってたよhappy01でもその2回目の時にゴーグルをなくしちゃって・・・そのあとしばらく切れて怒って泣いてふてくされてで大変でしたsweat02

1357950810374.jpg

1357950830238.jpg

1357950847678.jpg

1357950864248.jpg


滝に突っ込んでみたり、貝集めをしてみたり(自然保護のため持ち帰りはできないのでもとに戻さないといけません)、泳いでみみたり・・・
色んな深さのポイントがあって足がつくとこも結構ありました。でも滝に向かって泳いで近づくと流れに逆らうことになるので結構大変で、あとプカプカ浮いてのんびり、何てこともできないので、迷ったけど私はライフジャケットを借りて正解でしたshine
借りてなかった旦那さんは結構大変そうだったよ。。


1357950887206.jpg

小さな魚もたくさんいて、足を水の中にいれてみるとたくさん集まってきて突っつき始めた!!これは、もしかして日本のデパートとかでたまにやってる角質をとってくれる魚さんなのかも!!
無料でたくさん食べていただきましたscissors

滝遊びのあとはそこでお昼を食べて終了。


1357950901011.jpg

大好きな水遊びができて3人とも大満足notes


この日の午後はフリータイム。
我が家はもちろん・・・はい、プール三昧です。。


1357950917690.jpg

1357950932989.jpg

1357950948394.jpg

1357950964251.jpg

智稀はこの旅行中にクロールで10mほど泳げるようになりましたshine独学なのでフォームはあまり綺麗じゃないけど、一生懸命練習してましたnotes
スイミングスクールも検討してみようかな。。

そして、プールサイドにいたブラジル人たちの注目を一人目にしたのが結太のこのかっこhappy01


1357950979439.jpg

お父さんの横で一緒に腕立て伏せを始めた結太note
可愛かったよ、とってもshine

そしてこの日はホテルから徒歩でいけるところに見つけたレストランへ夕食を食べにrestaurant

1357950995530.jpg

ここ、どうして選んだかって、パンタナールでたくさん見たあのジャカレが食べられるレストラン!!
他にもカエル、カピバラ、うさぎ、カメなどいろいろ食べられるみたいだったけど、我が家はジャカレのみでということで、店員さんのオススメのジャカレのソテークリームチーズ和えをいただくことに。

1357951007222.jpg

1357951021912.jpg

周りの黄色のものはジャガイモです。
ジャカレのお肉、ぷりっぷりでおいしいheart04チキンに似てるかな。智稀はまぁまぁな感じだったけど、あとの4人は気に入っちゃってパクパク食べたよhappy01
ジャカレ好きの結太も気に入ったようですnote


1357951035243.jpg

夜の8時でも30度のボニート。子供達はレストランまで歩いたこともあって汗だくで食事してたよsweat01
蒸し蒸しはしてないから私は全然不快ではなかったけど、子供達は体温高いからこうなっちゃうのかな。。
この辺りは夜に歩いても問題ないとのことだったので、帰りものんびり歩いて帰りました。。。


2013年1月10日 (木)

南パンタナール&ボニート旅行 その3

3日目の夕方は車に乗ってのサファリツアーrvcar


1357847597419.jpg

1357847610215.jpg
出発してすぐに現れてくれたのがカピバラさん。我が家が住んでるコンドミニオ内にもカピバラはいるんだけど、色が違ってました。(ちなみにジャカレもいるよん)
湖の中でもジャカレと一緒にいたんだけど、ジャカレはカピバラのことは食べないんだって。


1357847622608.jpg
そして出てきたジャカレshine
餌がもらえると思ったんだろうね、車が止まると自ら陸に上がってきたよsweat01
そしてピラニアをもらって帰って行きました。。。子供達も興奮してきたsign04


1357847637649.jpg
パンタナールを代表する鳥、Arara Azul
Azulは青色って意味です。とても鮮やかな青色の綺麗な鳥でしたshine


1357847652682.jpg
もう一つ有名なのがこのTuyuyuという鳥。
とても大きな鳥で、ピラニアを丸呑みいして食べてたよ。

1357847666321.jpg

1357847676722.jpg
この時間帯、とっても暑くて、帽子を部屋にわすれてしまった子供達は暑さでちょっとグッタリsweat02
めちゃ暑いんだけど、空はめちゃくちゃ綺麗で、こんなに綺麗なら焦がされてもいいわ~と思っちゃうくらいsweat01

でもその一方で、遠くを見てみると、雨が降ってるのが見えるの。360度全部の空が見渡せるブラジルでは晴れと曇りと雨と雷と虹が同時に見えちゃうこともshine
特にパンタナールでは建物が全然ないからほんと色んな空を一度に見ることができたよshine

他にも・・・

1357847687385.jpg
ダチョウの群れ

1357847699762.jpg
鹿

1357847712714.jpg
ロビーニョ

などなど出会うことができましたhappy01

メインのジャカレはあちこちいたんだけど、一箇所だけ、車からおりて見ることができましたnote


1357848723979.jpg

またまた陸に上がってきたよ。

1357847740157.jpg
限界まで近寄って、同じ高さからの撮影cameraじーっと見てくるから緊張したよsweat01

1357847752423.jpg

1357847765583.jpg
口を開けてこっちを見てるジャカレ。。ピラニアを投げるとみんなすごい勢いで取り合いしてたよ。かなりの迫力でしたsign03

1357847777839.jpg

1357847789996.jpg

1357847802127.jpg
一応、記念撮影ねhappy01
誰よりもジャカレを楽しみにしていた結太くん。またまた揺られて眠ってしまいましたcoldsweats01

1357847812793.jpg

1357847825771.jpg

1357847836108.jpg
色んな動物と出会えてサファリツアーは終了happy01


1357847846902.jpg
夕日がとっても綺麗でした。。
この日はこれで終わりではなく、夕飯の後にはナイトサファリにnotes

ただ・・・動物には一切会えずcoldsweats01なので写真もなし。。。まぁ、動物園とかサファリパークとかじゃない、本物の自然だからそんな都合よくは出てきてくれないよねsweat01でも、昼間には見えなかったすごい巨大な蜘蛛の巣をみたり、とっても綺麗な星空を見ることはできたよshine


1357847857269.jpg
唯一?!見えたのがこれ。柵越しに喧嘩をするネロリ牛。縄張り争いでもしてたのかしら?!ガイドさんがやめさせるために車を限界まで近づけたりするんだけどなかなかやめないcoldsweats01そしたら次にガイドさんがやったのが悪代官のような不敵な笑い声sweat02
何でだかわかんないけど効くみたい。。まぁ、その後もすぐに喧嘩を再開してたけどね。。

ナイトサファリがあるから、昼寝した方がいいよー、と子供達に前もってつたえていたにも関わらずやっぱり遊び続けた息子たち、やっぱり3人とも車の中でぐっすりでしたsleepy


そしてパンタナール最終日の4日目。最後のツアーは朝のお散歩。
これには子供たち不満爆発!!「歩くのめんどくさーい!」と文句ばかりsad
何か間近で動物を見られたらテンションも上がったかもしれないけど、大騒ぎしてるもんだから何も出てきやしない。。。sweat02


1357847867627.jpg
この殺伐とした感じ・・・伝わるかしらcoldsweats01
何だか残念な最後となってしまいました。。。


1357848174318.jpg
そして美味しいお昼ご飯を食べてパンタナールの旅はおしまいで次の地ボニートに移動です。
ポウザーダAguapeの奥さんにお別れの時抱きついて「オブリガー!」と言った結太notes
「ここに残って私の子になってー」と言われてたよhappy01
結太に伝えたら「ナオ!」って叫んで私のとこに走ってきたけどねsweat01

4日間、色んな体験をさせてくれたパンタナールの大自然と優しい人たちに感謝shine
子供たちが一番楽しかったのはピラニア釣りだったってnotes

南パンタナール&ボニート旅行 その2

2日目の夕方はボートツアーship

1357824044559.jpg
ボートに乗り込む時、まず私と結太は一緒で・・・となったから、あーあ、きっと危ないからって真ん中当たりの良く見えないところに座らされるんだろうなぁdownと思ってたら・・・

1357824055641.jpg

1357824065113.jpg
やったねshine最前列!!2列目になっちゃった遥翔くん、超不機嫌ですcoldsweats01


なんとかなだめて出発。
赤土なので水も茶色に見えちゃうんだけど、それでも水がきれいなのはよくわかりましたhappy01
モーター付きでスピードもでるので風を切ってくれてとっても気持ちいいshine


1357824076177.jpg

1357824085756.jpg

1357824098454.jpg
途中止まっている船の中はまるでお家のようにテーブルや椅子があって、生活できちゃう感じ。もしかしたらここで生活してるのかな??
細くなってるところもどんどん進んで行きます[E:shine]

1357824122218.jpg
あまりの気持ち良さに・・・結太は寝ちゃったsweat01
期待してた動物たちはモーター音で逃げちゃうみたいであんまり見られず。。ジャカレ(ワニ)の赤ちゃんは見れたけど、あっという間に逃げられちゃったsweat02
それでも川と緑と空の綺麗さを見られただけでもとっても幸せな気持ちになれましたheart01

だいぶ奥まで進んだところでそろそろ帰ろうかということに。でも帰りはなかなかモーターをつけません。
手漕ぎでおしゃべりも禁止で動物が出てくるのを待ってみようということに。

1357824132958.jpg

1357824141959.jpg

1357824152432.jpg
それでも動物はあまり出てきてくれなかったけど・・・
行きではわからなかった静けさが。鳥の鳴き声と皮の水の音だけの静寂。。マイナスイオンが半端ないかんじでこのままここにいたい!と思えるくらいの静けさでした
confident

このツアーもとっても気持ちのいい素敵な経験でしたhappy01


そして、3日目の朝は乗馬ツアーhorse
これは子供達もかなり楽しみにしてましたshine

なのに、なのに!!!朝起きたら智稀も遥翔も気持ちが悪いって。。。sad
遥翔なんてご飯も食べたくないってくらいのグッタリ様weep

智稀は朝ごはんを食べたら復活したけど、遥翔は元気のないまま。私と遥翔だけはキャンセルして部屋にいようかなと思ったんだけど、遥翔がどうしても行く!!って聞かないので、熱もないしとりあえず参加してみることに。

1357824180661.jpg

1357824193794.jpg

1357824205273.jpg
子供たち、ブラジルに来てポニーに乗ったことはあるけど、大きな馬は初めてshine
はるくんも元気はないけど、馬にまたがることはできました。。
そして出発!「さぁ行こう!」って言われて、どうやって??と思ってたら、ガイドさんが先頭で出発すると、私たちを乗せた馬も後ろをゆっくりついて行きますhorse
よくしつけられてるねshine


1357824217716.jpg

1357824229406.jpg

1357824241322.jpg

1357825875557.jpg

この白い牛はパンタナールにたくさんいるネロリ牛taurus
インドからやってきた牛で、暑さに強く草を食べて育ちます。乾期になると草がなくなってしまうんだけど、この牛は背中にコブがあって、そこに栄養を貯めておくことができるんだって。ここのファゼンダにもたくさんいましたhappy01

広い広いファゼンダの中をどんどん進んで行きます。子供たちも前半は楽しそうだったんだけど、1時間を超えてえくるとちょっと飽きてもきたのかお疲れ気味。私も景色はみてたかったけど、お尻が痛くなってきた・・・


途中、馬さんたちの好物の草があちこちあって、よく食べてました。特に私が乗ってた馬は食いしん坊で見つけると必ず止まってムシャムシャムシャ。。。その後遅れた列に戻るために猛ダッシュdashこれをずっと繰り返してて、上に私がいるってことを計算してないのか、木の下とかガンガン行っちゃって、おかげで私、腕に枝が当たって傷だらけ[E:bearingでも、走るとやっぱり気持ちいいし面白くて良かったよhappy01
結太の馬も時々走っちゃってて、大丈夫かなーって心配してたんだけど、走る度に「おっおっおっ・・・」って声が漏れてて面白かったnotes


こうして乗馬ツアーは終了。結局2時間も乗り続けてたよ。ケチケチしてないねcoldsweats0115分いくら、とかだもんね、日本だと。。
馬から降りてもしばらく歩くのがぎこちなかったよ[E:sweat02]

1357825888864.jpg

乗馬から帰ってきてしばらくして、遥翔も復活shine結局なんだったんだろうね。。でも大事にならなくてよかったよかったconfident

子供達は空いてる時間は基本的に遊び続けて休みなし。。元気だねぇcoldsweats01
私は何回お昼寝したかってくらい寝まくってたよsweat02なんだかとっても気持ち良くってねhappy01

こういうのんびり旅行って初めてだったのね。日本でもこっちにきてからも、予定をびっしりいれちゃう方だったから、今から4時間何もないとそういうのしたことなくて。でも自然の中でぼーっとしてみたり、ハンモックで揺られながらお昼寝してみたり、こういうのもとってもいいねshine
そんな風に思えた午後でしたconfident

2013年1月 9日 (水)

南パンタナール&ボニート旅行その1

年越しをサンパウロで過ごした我が家は元旦から旅行に行ってきましたhappy01
行き先は南パンタナールとボニートで7日間。こんな長い期間の家族旅行なんて初めてのことで荷物もスーツケース3つ!!
大荷物を抱えて空港に向かいましたdash

1357741739090.jpg


今回利用したのはサンパウロ・グアリューリョス空港airplane
6月に不安いっぱいでブラジルに辿り着いた時以来一度も来たことがなかったので、ちょっと懐かしかったなconfident
あの時は周りの人全てが極悪人に見えたんだっけなcoldsweats01


ここから1時間半のフライトで辿り着いたのが、マット・グロッソ・スウ州のカンポ・グランジ空港。


1357741752066.jpg

1357741765310.jpg


近づいてくると飛行機から見える景色に建物が全く見えなくて、その広すぎる自然にワクワク感アップup
反対側には街が広がってたみたいだけどねsweat01

カンポ・グランジはとっても暑くていい天気sun
ここから迎えにきてくれた車に乗り込みパンタナールまで、4時間のロングドライブですrvcar

初めは舗装されたアスファルトの道だったんだけど、2時間くらい経過してからは赤土のデコボコ道に。
長いドライブで飽きちゃって文句を言い出さないようにと、ipadで映画を見せたのが悪かったみたいで、途中から気持ち悪くなる子供達。。。sad
結太なんて少し吐いちゃって、うわー。。。とおもってたとこでアクシデント発生impact

もう、あと30分くらいかなってとこで少し前から振り出した雨のせいでぬかるんでたところに車がはまってしまって動かない!!!
運転手さんはしばらく四苦八苦した後、どこかに消えちゃったsweat02

何もないところに取り残される我が家。。。辿り着けなかったらどうしよう・・・sweat02と不安ばかりが増していると・・・

1357741777467.jpg

運転手さんがトラクターを連れて帰ってきたー!!!この時の運転手さん、かなりかっこ良く見えたよshineshine
トラクターが引っ張ってくれたおかげで無事ぬかるみから脱出dash
待ってる間に外の風に当たったりしたおかげで気持ち悪さもなくなってぶじポウザーダに到着note

1357741790360.jpg

この中庭にはいろんな果物の木が植えてあったよ。


1357741805651.jpg

1357741820829.jpg


ここが我が家が泊まったお部屋。隣同士で2部屋用意されていました。とてもシンプルなお部屋で、テレビも電話もネット環境もなし。ベットとトイレとシャワールームだけです。この辺りの宿はどこもそんな感じのようです。

この日は到着した時点で6時を過ぎていたので少しのんびりしてすぐに夕食タイム。


1357741834149.jpg

夕食に出てきたpacuというお魚とマンジョッカ芋のフライ。どちらもとっても美味しかったshine
結太は大好きなフェジョンを食べる食べるpig
ブラジル料理は結太が1番よく食べますhappy01


この日は特に何もしないで終了。明日の朝に備えて早めに寝ましたsleepy


そして2日目。
朝食を済ませて、7時から行ったのがピラニアフィッシングfish
ここはとてつもなく大きなファゼンダ(農場)の中にあるポウザーダ(宿泊所)で、その川もその中にあります。
聞いて見たら農場の広さはサッカーコート2000こ分(だったと思う)だってさ。。。よくわからないけどめちゃくちゃ広いってことは分かるよねcoldsweats01
そして、日本では「東京ドーム何個分」とかよく言うけど、ブラジルはやっぱりサッカーなのねと笑ってしまったわsoccer


1357741848570.jpg

ここがピラニアフィッシングをする川。
この辺りはとにかく蚊の多さが半端なくて、虫除けスプレーをしてもしてもどんどんきちゃう感じsweat01
ガイドさんの濃い色のデニムには無数の蚊がとまってたよsweat02

1357741861347.jpg


釣りの餌は牛の心臓taurusピラニアは血が大好きなんだって。餌をセッティングしてもらってさっそく釣り開始shine
子供達がまず始めましたhappy01

1357741878317.jpg


あっという間に遥翔が釣りました!!めっちゃ嬉しそうheart04


1357741893287.jpg


すごい鋭い歯です。。。噛まれたら痛いんだろうなぁwobbly針を外す時に噛まれちゃうことがあるらしく、ガイドさんたちの手には何箇所か噛まれた跡がありましたsweat02


1357741907804.jpg

1357741922386.jpg

1357741937748.jpg

1357741952156.jpg


その後もみんあ面白いように次々と釣り続け、ガイドさんたちは針を外して新しい餌をつけるのに大慌てsweat01
遥翔はなまず??も釣ったよshine

1357741969157.jpg


最後の方にやっと少しだけ私にも順番が回ってきて、3匹釣り上げましたscissors


1357742442368.jpg

1時間半程の時間の間に釣った魚は27匹fish大漁ですshine
大満足で朝のツアーを終了しましたhappy01


1357742000136.jpg

この木、何の木だったんだろう?!あちこちあったよ。

その後はポウザーダに戻って子供達はプールタイム。私たちはプールサイドでのんびり。


1357742015712.jpg

1357742030880.jpg

1357742044566.jpg

1357742058955.jpg

1357742072789.jpg

1357742087708.jpg

1357742104749.jpg

アルマジロを発見しましたshine

その後はお昼ご飯restaurant

1357742119668.jpg

1357742136423.jpg


ここのポウザーダでは3食ともこの場所でご飯を頂きます。種類はそんなに多くはないんだけど、4日間、どの食事もとっても美味しかったshine
その中でもお昼がメインになっていてご馳走だったよhappy01

お昼を食べた後は夕方のツアーまでのんびりタイムですconfident

2012年12月28日 (金)

クリスマス イリャベラ旅行3日目

最終日は海には行かず、ホテルで申し込めるツアーに参加することに。

10時から2時間、ジープに乗ってオフロードを探検できるというもの。お昼にはチェックアウトしてそのまま帰る予定だったからちょうどいいねってことで参加rvcar


1356660181256.jpg
やってきました!ぼけてるけど。。。sweat01


1356660192211.jpg
これに我が家と、4人家族と恋人2人の11人が乗り込んで出発!


1356660202421.jpg
ここからがオフロードの始まりshine
進むに連れてどんどん揺れが激しくなってきますdash


1356660216171.jpg
こんな綺麗な景色もなかなか見れないくらい揺れるsweat01
何が大変かって、この揺れのせいで・・・


1356660228634.jpg
寝ちゃうんだもんsweat02落ちないようにおさえるのに必死で楽しむ余裕が・・・^^;


1356660240453.jpg
途中、ともきは給水。冷たくて気持ちよかったってheart01
でも、その頃の私はもう気持ち悪くなり始め、若干参加したことを後悔し始めてた。。。


1356660253623.jpg
こんな水たまりもぐんぐんすすんで山を降りると目の前には
1356660264557.jpg

海が!
そしてここで自由時間だといわれジープから降りることに。

ん??でももう終了時間の12時ですけど??なんで我が家以外は皆さん水着着用なの??


疑問でいっぱいで、とりあえず何時に出発するの?と聞いてみると・・・「4時だ」と。。。wobbly
いやいやいや、それは困るよ!聞いてないよ!12時チェックアウトなんだけど!!と猛アピールimpact


なんとか連れて帰ってくれることになったんだけど、当然、来た道を帰ります。しかも、運転手さん急いでてめちゃくちゃ運転が荒い!!
子供たち、グラングランだし、私もはきそうだしbearing

結局ホテルに戻ったのが2時。ツアー料金約1万円也dollar
とっても残念なツアーでした。。。
でも乗り物にも強くて、ちゃんと準備していけたら楽しいツアーになったんだとおもうけどね。。

ホテルでのチェックアウトは無事に終わり、島をでることに。

1356660275331.jpg
3日間、いっぱい泳いで美味しいもの食べて、楽しかったねnotes

帰りの車の中、あっという間に寝るだろうと思ってた子供たち。

1356660287114.jpg
寝るどころかめちゃくちゃ楽しそうにお話して騒いでる!!

1356660299285.jpg

1356660311146.jpg

1356660323106.jpg
こんないい顔の3ショットはなかなか撮れないんだよね、最近。こんな感じで帰るまでずっと楽しくおしゃべりしててくれました。
帰りの渋滞を心配してたんだけど、行きより45分余計にかかっただけ。サービスエリアで15分くらいは休憩したから実質30分プラスというとっても順調なドライブで8時には家に帰ることができましたhouse

夏のクリスマスもいいもんだよshine

【番外編】
今回紹介できてない写真たち


1356660334809.jpg
ブラジル人、タトゥーを彫ってる人がいっぱいです。この人はキリストだけど、ほかにも漢字をいれてる人とか、アニメキャラを全身に入れてる女性もいました。


1356660345362.jpg
caipirinha de frutas com pinga
私が飲んだお酒bar果物がいっぱい入ったカイピリーニャにピンガというブラジルのさとうきびからできたおさけを混ぜたもの。


1356660357774.jpg
こっちはレモンバージョン。カイピリーニャにレモンは定番ですshine


1356660371580.jpg
これはピーナッツに塩とニンニクをまぶしたもの。味は濃いけどおつまみにはいい感じhappy01


1356660383647.jpg
2日目の昼食に食べたエビと魚のフライ。
揚げたてを持ってきてくれるからとってもおいしい!!


1356660397014.jpg
これはカンガという布。敷物代わりにしたり、体に巻きつけたりして使います。1000円くらいだったかな。